FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブ(tab)譜とは…

こんばんわ( ^ω^ )


ブログ更新遅くなりすみません。

タイトルに毎日書く!と書いているのに(笑)



iPhoneの充電が急に切れる現象が20日頃から起きて調子が悪かったので、代用の携帯を借りている状況です。

なのでブログ更新のしようがありませんでした。


ちなみにiPhoneの調子が悪い時はAppleStoreに持っていくのが手早いそうです。
大阪ですと、心斎橋にAppleStore、梅田にクイックガレージ梅田、カメラのキタムラ(大阪・ルクアイーレ店)で直すことが可能だそうです。

今はパソコンで書いています(^-^)/









タブ(tab)譜とは、五線譜が読めなくても視覚的に理解できるように改良されたギター専用の楽譜。




tabというのはtablature(タブラチュア)の略語で、tablatureは楽器固有の奏法を文字や数字で表示するものである。










タブ譜の読み方


横棒の6本線は、一番下の線が一番音の低い6弦、一番上の線が一番音の高い1弦を表しています。

7弦ギターなら7本線、ウクレレやベースは4本線という風に弦の数を示しています。




線上の数字はギターのフレット数を表しています。



これ↑の一拍目だったら、三連符で一弦の8フレット、7フレット、5フレットを押さえるという感じです。










タブ譜でよく使われる記号

ハンマリング・オン

プリング・オフ

ビブラート

スライド

チョーキング

ダウンピッキング

アップピッキング

など



Youtubeにギター講座の動画たくさん載っているので調べてみてください。





1月21日に楽器店の講師の試験を受けたのですが、TAB譜に全然慣れてなくて、うまく演奏できませんでした。

悔しかったので、読めるようにしていきます(笑)





いつもありがとうございます♪(o・ω・)ノ))

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。