FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異弦同音フレーズにはまってます!

こんばんは!

浅見晋作です。



異弦同音フレーズにハマっていてよく使うので紹介します。


異弦同音(いげんどうおん)…ギターやベースは異なる弦でも同じ高さの音を出すことが出来ます。
例えば、3弦10フレットで出した音と2弦6フレットで出した音は同じ高さです。
異弦同音フレーズはそれを利用したフレーズです。


鍵盤や管楽器にはできないのでそこがいいですね(笑)

JAZZのレッスンでアドリブするときに異弦同音フレーズを弾くと先生がおぉって言ってくれます(笑)





ジャズギタリストがたまに使ってます!僕が知っているギタリストではGeorge Benson、Andreas Obergが使っています。
Andreas ObergのBillie's Bounceを教えてもらったのですが、歌いながらギターとユニゾンするのが、本当にかっこよくてよく聴いています。



3分21秒あたりで使ってます↑



[広告] VPS


Fのブルースなどで使います。
ジャズブルースで使うとかっこいいと思います。

キーがFの時はFの音、Cの音、
キーがAの時はAの音、Eの音で弾くと良いと思います。

もっとフレーズ増やさなきゃ♪(o・ω・)ノ))
かっこいいフレーズ見つけ次第また紹介しますね!




最近ブログを見てくださっている方が増えてとても嬉しいです!
いつもありがとうございます(^-^)/

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。