ピッキングを変えたらめちゃめちゃ弾きやすくなった。

こんにちは!

浅見晋作です(^-^)/

もう10月!だいぶ寒くなりましたね。
とくに朝が寒くてすぐに布団から出られないです(笑)




最近ギターのピックの持ち方を変えました。


夏休み終わりの2週間はずっと「ピッキングを改善すること」を考えてギターを弾いていました。
そういえば今までギターのピックの持ち方について深く考えたことがなかったです。




【以前のピックの持ち方】

ピックを指で摘む(挟む)感じでした。
ピッキングが間に合わないことが多くて、固定されていないからか、単音弾きするときもバッキングの時もよれる感じがしました。
どうしても弱いピッキングになってしまいました。








【最近の持ち方】

中山先生のレッスンでアドバイスをもらったり、友達に聞いたりしました!
ピックをJAZZ IIIに変え、ピックの角度を、弦に対して斜めにあてるようにしました。
ピッキングの強弱(ニュアンス)がつけやすいです。
ピッキングが間に合わないことがだいぶ減ったと思います。





Robben Fordの手の角度や持ち方も参考にしました。





以前の持ち方の癖がついてしまっていて、ピックの持ち方を変えるのは意外と時間がかかりました。
翌日練習したらどんな持ち方やっけ?みたいな(笑)

ピックの持ち方に悩んでいるときは、色々なギタリストと自分のピックを持っているところを見比べてみると良いと思います(^-^)/
本当に弾きやすくなったので良かったです(^∇^)ノ

まだ定着しきっていないので練習します!







先週の土曜日は6月の終わりから七丁目ギター教室に来てくだっている小学生の生徒さんのレッスンでした(^-^)/


パワーコードをパッと抑えれるようになっていて本当にびっくりしました(=゚ω゚)ノ
先週はほぼ毎日ギターを触っていたそう!

最近どんどんうまくなってきています!!


これからが楽しみですね♪(o・ω・)ノ))



ではでは

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

0 Comments

Leave a comment